ぼくめし&牡蠣カバ丼[鎖国メシ!サタデープラス]開国レシピ[通販/お取り寄せ]静岡県浜松市!サタプラ

スポンサーリンク

MBS,TBS系列「サタデープラス(2018年3月16日放送)」の
お笑いコンビ・キャイ~ンのウド鈴木
(ウド・ペリー鈴木)が
地元民のみ知るグルメを探り、そのレシピ・作り方を紹介する
「ごめんください“鎖国メシ”」はうなぎ大国・浜松の“ぼくめし”」です。

うなぎ料理は「ぼくめし」の他にも
「うなぎとろろ茶漬」も有りますね!

他に紹介された鎖国メシは
えんしゅう焼き
鱧かば丼

そして開国レシピは「ぼくめし」です。

スポンサーリンク

「ぼくめし」とは?

「ぼくめし」は太い杭の「ぼっくい」が語源と云われています。

石焼ぼくめしリゾートホテル[THE HAMANAKO]
石焼ぼくめし
画像出典:リゾートホテル[THE HAMANAKO]

「ぼくめし」が発祥の静岡県浜松市では
明治時代半に浜名湖畔でうなぎの養殖が始まりました。

やがて大正時代になると養殖池の大造成が進み、
養鰻業は浜名市の一大産業として発展しました。

養殖池で育てたうなぎは時折育ちすぎにより
「棒杭(ぼうくい)」の如くずんぐりと
太いウナギの成長しました。

その事から「ぼうくい」を略して「ぼく」と呼ぶ様になりました。

「ぼく」は皮が厚く臭みもと強い事から
商品価値が低いの為、出荷せずに
ウナギ養殖の女将さんら「ぼく」を刻んで煮込んだものを
作業員のまかない食に出すようになりました。

「ぼく」を飯に混ぜて食べた事から「ぼく」のまかない飯は
「ぼくめし」と呼ばれる様になりました。

1980年代に入ると浜名湖養魚漁業協同組合の鰻婦人部が
気軽にうなぎを食べられる調理法として
「ぼくめし」が候補に挙がり、
生から煮るうなぎは臭みが残る難点に対し
九州の柳川鍋(どじょうの鍋)をヒントに
ごぼうを入れて煮ると臭みが抑えられました。

このレシピが人気となり、テレビでも紹介され
やがて浜松市外にも広まったと云われています。

やがて養殖の方法が路地池からビニールハウスに移ると
「ぼく」の数は減少した上、
生うなぎを調理する人も少なくなった為、
「ぼくめし」の素材は白焼きへ変わっていきレシピも変化していきました。

現在は、白焼きを熱湯に通して甘辛タレで煮た後、
油で炒めたごぼうのささがきを加え
味を絡めてから堅めに炊いたごはんに混ぜるレシピが一般的に広まっていきました。

このレシピは甘辛のタレが絡むだけでなく
香りは蒲焼きの様で、ごぼうもよく合います。

またご飯は酢飯でも美味しく味わえるのが魅力です。

「ぼくめし」は小学校の給食のメニューにもなっている程の郷土料理(ソウルフード)です。

「ぼくめし」レシピ(4人前)

うなぎの蒲焼きで作る「ぼくめし」の作り方のレシピです。

材料

【ごはん】丼4杯分
【うなぎの蒲焼き】2尾(2センチ幅の短冊に切る)
【酒】 1/2カップ
【うなぎの蒲焼きのタレ】大さじ2 1/2
【ごぼう】1本(ささがき)
【青ネギ】適量
【錦糸卵】 適量
【のり】適量

通販で具材(ウナギと牛蒡)がお取り寄せ出来ますよ♪

作り方

1.鰻を2センチ幅の短冊に切ります。
2.牛蒡をささがきにして炒めます。
3.鍋に酒、うなぎの蒲焼きのタレを入れ中火でひと煮立ちさせます。
4.うなぎの蒲焼きを入れて5分程煮込みます。
5.牛蒡のささがきも加えて味を整えます。
6.寿司桶にごはんと煮込んだ具材と煮汁を入れ、ごはんを切るように混ぜ合わせます。
7.丼に盛ったら、青ネギ、錦糸卵、のりをお好みで添えて召し上がれ♪

うなぎの白しょうゆ焼きでつくる「ぼくめし」レシピ

材料

【ご飯(硬めに炊いた温かいもの)】丼4杯分(720g)
【うなぎの白しょうゆ焼き】2尾
【ごぼう】1本
■ 煮汁
   ┣ 【酒】大さじ5
   ┣ 【砂糖】大さじ4 1/2
   ┣ 【しょうゆ】大さじ4
【大葉(または木の芽適量をみじん切り)】4枚
【サラダ油】大さじ1

作り方

1.うなぎの白焼きを幅の短冊に切り、
ザルに移し熱湯を回しかけ、
湯引きにし、水気をきります。
2.さがきにした牛蒡をサラダ油で炒めます。
3.鍋に「煮汁」を合わせて中火でひと煮立ちさせ、
湯引き済みのウナギ入れて弱火で15分ほど煮込み
サラダ油で炒めた牛蒡を加えて味を含ませます。
4.すし桶にご飯と煮込んだ具を交互に重ね、煮汁をかけながら入れます。
5.ご飯を切るように混ぜ合わせて丼に盛り、細切りにした大葉をのせて召し上がれ♪

うな茶

名古屋のひつまぶしの様に出汁のお茶漬け
「うな茶」でも楽しめます。

うな茶用だし汁の作り方

1.昆布だしをご飯1杯に対してコップ1杯分(200cc程)、用意をします。
2.昆布だしにウナギの白焼きを少々入れて、ひと煮立ちさせ、塩で味を整えとて出汁が出来上がります。
3.「ぼくめし」を茶碗によそって「うな茶用だし汁」をかけて召し上がれ♪

牡蠣カバ丼のレシピ

「ぼくめし」まとめ

牡蠣カバ丼が品切れだったのが残念(笑)

リゾートホテル[THE HAMANAKO]の
「石焼ぼくめし」美味しそうですね~。

石焼ぼくめしリゾートホテル[THE HAMANAKO]
石焼ぼくめし
画像出典:リゾートホテル[THE HAMANAKO]

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク