トレンドたまご(WBSとは無関係)

テレビ番組からトレンドを探るサイトです

プロフェッショナル 建築家・大島芳彦 リノベーションで町ごと再生!ホシノタニ団地 2016年度グッドデザイン賞受賞 1月16日

time 2017/01/16

プロフェッショナル 建築家・大島芳彦 リノベーションで町ごと再生!ホシノタニ団地 2016年度グッドデザイン賞受賞 1月16日
Pocket

NHK/プロフェッショナル 仕事の流儀「建物を変える、街が変わる~建築家・大島芳彦」2017年1月16日(月):今回登場する建築家・大島芳彦さんは、リノベーションの魔術師呼ばれ、古い建物に手を加え、全く新しい価値を生み出す「リノベーション」の第一人者で、中でも築50年を超え老朽化した団地は街までもデザインした事例で「ホシノタニ団地」は2016年度グッドデザイン賞に輝きました。

スポンサードリンク

建築家・大島芳彦さんのリノベーションとは?

今回「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演するのは、建築家・大島芳彦さん(46)「blue studio (ブルースタジオ) クリエイティブディレクター 専務取締役」です。

大島芳彦さんは、古い建物に手を加え、全く新しい価値を生み出す「リノベーション」の第一人者で、全国に捨て置かれてきた物件を数々再生して来ましたが、単に古い物件を再生するだけでは有りません。

少子化により全国で空き家や空きマンションが急増する中、新築の需要が減り街の活性化も必要になっており、時には再生を通じて街ごとデザインに取り込み再生をさせます。

オシャレに再生するだけでは、早かれ遅かれ古い物件に戻ってしまう」との想いから、全国で捨て置かれてきた数々の建物に命を吹き込みストーリーをもたらし、建物の個性を生かすリノベーションです。

そんな斬新なアイデアは業界から注目の的となっており、今や東京だけでなく全国からの依頼がひっきりなしの為、常時20以上のプロジェクトを抱えており、プロフェッショナルの撮影が2016年末に至るまでの約3ヶ月間、首都圏は勿論の事、沖縄、鹿児島、福井、大阪、和歌山までかけ回りました。

今までに手がけてきた物件は・・・

手がけた築60年の木造アパートが超人気物件に!

廃虚のようだった団地を大胆に改修し、地元の交流も誘発して空室待ちの超人気物件に!

古ビルの土地需要に注目して、シェアオフィスなどを入れて人気施設に!

高年齢世帯と若年層を巧みに取り合わせるなど、世代間断裂も解消!

街ごとデザインしてしまう!

大島さんが大切にしているのが「人を巻き込み、ともに創りあげる」事で、建物のみならず「人と地域の関係性」までデザインしてしまった実例が有ります・

大島さんは「賃貸住宅って町を変える力を持っているはずなんです。必ず変わります」と語っています。

その例で町をガラッと作り直した事例が築50年を超え老朽化した団地のリノベーションに有ります。

手掛けたのは神奈川県座間市の団地「ホシノタニ団地(神奈川県座間市入谷5丁目1691)です。

ホシノタニ団地

この団地は、2016年度グッドデザイン賞に輝いた団地です!

元々は、2013年まで小田急電鉄株式会社の社宅として利用されていた社宅でした。

その名の通り団地の外壁には星座がペイントされています。

これは、この「ホシノタニ団地」の名前のコンセプトが
人と人をつなぐ団地人と街をつなぐ団地
 星がつながり星座となるように人とつながる空間になるように。」
だからです。

団地のリノベーションでは駐車場を農園にして市民に開放、その奥にカフェを開き、住民以外の人々がいつのまにか団地に入り込む仕掛けを作り、町に溶け込む団地に。

結婚式も行われました。

小田急沿線「座間駅」から徒歩1分の好立地と言うことも有り、団地の住民以外も集まる団地に生まれ変わりました。

実は、「座間駅」は急行も停車せず、これと入った商業施設無い静かな住宅地でしたが座間市のランドマークとしての見事に再生されたたのです。

家賃は、庭付きの1階が95,000円、2階以上は70,000円~72,000円(共益費が別途5,000円)


都内なら格安で、地域的には高めの家賃設定にも思えますが、入居希望者が絶えない物件となりました。

スポンサードリンク

近隣地域コミュニティに開放された共有部分

注目すべきは敷地内の2つのエリアにあるサポート付きの貸し農園(シェア畑)です。

広さは、6平方メートルの専用区画が46有り、値段は月々6,390円(税抜)で貸し出されます。

値段には、種、苗、肥料、農具レンタル代、専任の菜園アドバイザーの指導料が含まれており、初心者でも手軽に無農薬の野菜づくりが出来ます。

ホシノタニ団地住民は勿論、近隣の住民にも貸し出されており、地域のコミュニティとして地域に貢献するという建物のみならず“人と地域の関係性”までデザインするという大島さんの流儀が込められているのです。

3号棟の1階には「農家カフェ」では貸し農園で栽培された野菜のレシピ料理も提供されています。

気になってと#ホシノタニ団地 来てみた❤️ #プライベートぶちこみます

LOVE in…さん(@love_in____)が投稿した写真 –

農家カフェに行ってみた!(^^) コンセプトが面白い。 #農家カフェ #座間 #ホシノタニ団地

Tomoya Fukuokaさん(@t.f0423)が投稿した写真 –

そして、ペット入居可の賃貸住宅は珍しく有りませんが、「ホシノタニ団地」では、ドッグランが設けられており、衛生面では、檜、サワラなどのウッドチップが敷き詰められおり便の匂い消しまでもが考慮されている設計なのです!

他にも、子育て支援センターも有ります。

まとめ 見逃した方へ

動画:《革新のイズム》 第2回:リノベーションの魔術師 大島芳彦ではリノベーション前の「ホシノタニ団地」を手がける前のインタビューが有ります。

YouTube Preview Image

印象的なのが「では無くに変えたい」と言うセリフでさんの流儀をこの一言で語り尽くしていると思います。

夜の「ホシノタニ団地」で団地の星座と月や星を背景にして写真を取りたいです。

プロフェッショナル 建築家・大島芳彦(1月16日放送)を見逃した方へ再放送よりも動画配信がオススメです。

プロフェッショナル仕事の流儀は再放送が有りますが、不定期で特に事故や事件、イベントなどがあると先送りされてしまいます。

実際、再放送を見ようと録画をセットしていたら全然違う特番が録画されていた事は日常茶飯事です(笑)

そんな経験がある方にオススメなのがプロフェッショナルの見逃し配信を、動画サイトU-NEXTで見る事です。



31日間の無料ですので試しに登録してみては如何でしょうか?

プロフェッショナルの見逃し配信[U-NEXT]で視聴はコチラ

facebookで今回の放送が「こわしてつくる」のではなく「つかいこなす」生活文化への一助となれば幸いです。
とメッセージを残しています。

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気記事

楽天

i2i

東京金融取引所


楽天