トレンドたまご(WBSとは無関係)

テレビ番組からトレンドを探るサイトです

プロフェッショナル 人工関節整形外科医の杉本和隆の病院は何処?10月23日の見逃し動画 MIS QSとは?

time 2017/10/23

プロフェッショナル  人工関節整形外科医の杉本和隆の病院は何処?10月23日の見逃し動画 MIS QSとは?
Pocket

NHKプロフェッショナル・仕事の流儀(第338回・2017年10月23日)は、整形外科医で人工関節の第一人者・杉本和隆(すぎもとかずたか)さん(苑田会人工関節センター病院長)の仕事の流儀が放送されます。
平成の大横綱・白鵬の膝の不調からの復活を支えたのが、杉本和隆氏による執刀です!

再放送日は、未定で見逃した方は、
[U-NEXT]のプロフェッショナルの見逃し配信

で視聴してみては如何でしょうか?

スポンサードリンク

整形外科医・杉本和隆 経歴・プロフィール

今回のプロフェッショナルは、整形外科医で人工関節の第一人者・杉本和隆さん(苑田会人工関節センター病院長)です。

杉本和隆さんは、スポーツ界でも顔が広く、白鵬のの主治医を努めています。

2016年の白鳳の不調の原因を右足親指のけんと靭帯の切断と判断し、横綱白鳳の右足親指のけんと靭帯の再生手術を行い、全休を経て4場所後の2017年5月、夏場所では全勝優勝し完全復活を果たしました。

また優勝記録も歴代最多に並ぶ1047勝が数えられました。

杉本和隆人工関節手術を受けた患者は翌日退院して歩けるようになると評判です!

スポンサードリンク

MIS QS

父親が医師だった事もあり、自然な成り行きで、1995年日本大学医学部卒業後整形外科医師となりました。

大学在学中、整形外科教室の助手となり、2003年NYの外科の権威Dr.Triayより皮膚の切開幅が小さくすみ、患者への負担が最小と云われる最少侵襲手術(MIS:Minimam Invasive Surgery)を師事しました。

現在は、MISを進化させた、現時点では最良の人工関節手術”MIS QS[大腿(だいたい)四頭筋温存手術]”に取り組んでいます。

皮膚切開が極めて小さく、筋肉切除を行わず、手術時の痛みが大幅に軽減され、早期にリハビリが開始出来、早期回復及び退院が可能で医療費削減にも貢献しています。

人工関節手術を受けた患者は、手術の翌日には歩けるようになります(正確には歩くよう指導しています)。

患者の身体的な苦痛を取り除くにみならず、精神的、社会的活動を含めた総合的な活力、生きがい、満足度を示すであるQOL=Quality of life(クオリティ オブ ライフ「生活の質」「生命の質」)の向上を目指しています。

苑田会人工関節センター病院

杉本和隆さんは、2010年東京都で初めての人工関節とスポーツ整形の専門施設「苑田会人工関節センター病院」を開設しました。

数多くのスポーツ選手、骨関節疾患の最先端医療を提供し現在まで年間1500件の手術を行っています。

2010BestDoctor

国内外の多くの学会に所属しアメリカでは、2010BestDoctorに選出されました。

プロフェッショナル 10月23日(月)を見逃した方へ

プロフェッショナル・仕事の流儀を見逃した場合

再放送で観るよりも動画配信がオススメです。

プロフェッショナル仕事の流儀は再放送が有りますが、不定期で特に事故や事件、イベントなどがあると先送りされてしまいます。

実際、再放送を見ようと録画をセットしていたら全然違う特番が録画されていた事は日常茶飯事です(笑)

そんな経験がある方にオススメなのが
プロフェッショナル・仕事の流儀」の見逃し配信


動画サイト[U-NEXT]で見る事です。

[U-NEXT]は、NHKオンデマンドのサービスを使っているので

[プロフェッショナル・仕事の流儀]」の他、

歴史秘話ヒストリア

クローズアップ現代+

人気番組だった「その時歴史が動いた

歴史ドキュメンタリー「映像の世紀

なども配信されています。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓プロフェッショナルの見逃し配信[U-NEXT]で視聴はコチラ!

プロフェッショナルの見逃し配信[U-NEXT]で視聴はコチラ!
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


プロフェッショナルの見逃し配信[U-NEXT]で視聴はコチラ!



31日間は視聴無料ですので試しに登録してみては如何でしょうか?


プロフェッショナルの見逃し配信[U-NEXT]で視聴はコチラ!

解約も簡単で、期間内なら以下の方法で解約出来ますので、気構えずに31日間の無料でお試ししてみて下さい。

U-NEXT解約方法はコチラ

IDはそのまま残るので再契約も簡単です!

苑田会人工関節センター病院(杉本和隆氏が務める病院)

【施設名】医療法人社団 苑田会 苑田会人工関節センター病院
【住所】東京都足立区保木間1-21-10
【TEL】03-5831-1811(代)
【診察科目】整形外科・スポーツ整形外科・麻酔科・リハビリテーション科
【病床数】54床
【外来受付時間 午前】9:00~12:00
【外来受付時間 午後】13:00~16:30
【休診日】日、祝

再置換術(リビジョン)

年齢を重ねると骨粗しょう症などで骨が弱くなったりし、インプラントした人工関節が合わなくなる不具合が有ります。
その場合、再置換術(リビジョン)で新しい人工関節に取り替える手術を行います。

MRIやCTなどの平面的な画像と違い、多方向から撮影した画像を再構築し立体画像や任意の断面を表示できる、「トモシンセシス」と呼ばれる画像診断システムにより患部の状態を評価し手術を行います。

患部のレントゲン撮影は勿論の事、血液検査や骨密度検査もにより骨の細胞の状態が把握出来るので、それらの検査により人工関節に緩みが出るのを予見できるそうで、実際は、人工関節の手術を行った患者の約96%が10~15年間は問題なく使用しており、2~3%が再置換術程度だそうです。

まとめ

杉本和隆氏の書籍(本)

——- 杉本和隆の仕事の流儀まとめ ——-
・整形外科医で人工関節の第一人者

・平成の大横綱・白鵬のの主治医を努めており膝の不調からの復活を支えた

・スポーツ界からの信頼が厚く様々なジャンルのアスリートを支えている

・1995年日本大学医学部卒業後整形外科医師となった

・2003年患者への負担が最小と云われる最少侵襲手術(MIS:Minimam Invasive Surgery)を師事した

・MISを進化させた”MIS QS[大腿(だいたい)四頭筋温存手術]”に取り組んでいる

・患者の身体的な苦痛を取り除くにみならず、精神的、社会的活動を含めた総合的な活力、生きがい、満足度を示すであるQOLの向上に務めている

・2010年東京都で初めての人工関節とスポーツ整形の専門施設「苑田会人工関節センター病院」を開設

・数多くのスポーツ選手、骨関節疾患の最先端医療を提供し現在まで年間1500件の手術を行ている

■プロフェッショナル・仕事の流儀「外科医・杉本和隆」を見逃した方は、[U-NEXT]の見逃し配信で視聴してみては如何でしょうか?

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

参考文献
・QOLについて


・MISについて

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



楽天