トレンドたまご(WBSとは無関係)

テレビ番組からトレンドを探るサイトです

サタデープラス 梅酒&焼肉のタレのカレーとしょうが焼きの余った調味料これだけレシピ!笠井将弘@賛否両論&須賀洋介@SUGALABO!サタプラ技あり食堂!6月17日

time 2017/06/17

サタデープラス 梅酒&焼肉のタレのカレーとしょうが焼きの余った調味料これだけレシピ!笠井将弘@賛否両論&須賀洋介@SUGALABO!サタプラ技あり食堂!6月17日
Pocket

サタデープラス(2017年6月17日放送)の「サタプラ・くらしプラスのこれだけレシピ」は、「ご家庭のカレーとしょうが焼きが余った調味料で大変身!サタプラ技あり食堂】と題し、一般家庭の冷蔵庫に入っている調味料で普段のおかずを劇的に美味しく変身させる技のレシピを紹介します。

スターシェフ直伝!和のスターシェフ「賛否両論」笠井将弘さんが紹介するのは梅酒、洋のスターシェフ「SUGALABO」須賀洋介さんが紹介するのは焼肉のタレを使ってのレシピが紹介されます。
レポーターは丸岡いずみさんです。

スポンサードリンク

和の「賛否両論」笠井将弘さんの梅酒が隠し味の「生姜焼き」レシピ

「賛否両論」笠井将弘さんの提案する梅酒を使うレシピは「生姜焼き」と思われます。

「みりん」と「酒」の置き換えで、お肉が柔らかくなり、且つ豚肉特有の臭みや脂っこさが甘くなり、なにより梅酒の香りが爽やかなさっぱりした風味に変わります。

また、梅酒には砂糖が入っているので、みりんや砂糖が不用なので材料の節約、ちょっとだけど時短?にもなります。

※レシピは、番組コーナー終了後に更新します。

材料:2人前
豚ロース肉 3~4枚
たまねぎ 1/4個
梅酒 50ml
醤油 大さじ1/2
生姜(チューブ)8g

1.調味料をあわせる
1-1.梅酒・生姜・醤油を混ぜてつけダレを作ります。
  梅の酸が肉質を柔らかく変化させます。
1-2.つけダレに豚肉を馴染ませます。

2.たまねぎを中火で炒める
 煽ると火が通りにくくなるので注意!
 玉ねぎに火が通ったらフライパンの端に寄せる
 一旦火を止める

3.タレを拭ってからフライパンに火を漬けてお肉を焼く

「賛否両論」笠井将弘さんの生姜焼きレシピ動画

「生姜焼き」を作ったつもりが「生姜煮」になってしまいがちですね。

そんな失敗をしない為に3つの「し過ぎない」をポイントとして笠井将弘さんが提言している動画を紹介します。

YouTube Preview Image
材料200グラム
・サラダ 油少々
・キャベツ 1/6個(千切り)
・みょうが 1個
・大葉 3~4枚
つけダレタレ 材料2人分

つけダレA
・醤油 大さじ2
・みりん 大さじ2
・酒 大さじ2

つけダレB
・玉ねぎのすりおろし 大さじ2
(肉を柔らかくしてくれ、つけダレに甘みが加わる)
・生姜のすりおろし 大さじ1
(擦り下ろす事により肉に絡みやすくなる)
・はちみつ 大さじ1
(砂糖の代わり・隠し味)

笠井将弘さんの生姜焼きレシピ
1.つけダレを作る

1-1.ボウルでつけダレAを合わせます。

1-2.つけダレAに、つけダレBを合わせます。

つ2.けダレを豚肉に馴染ませる

2-1.豚肉をボウルに1枚1枚入れ、つけダレが絡みやすい様、手で豚肉をよく揉みます。
2-2.つけダレに豚肉を漬けます(5分以内がポイント!)。

3.焼く

3-1.温度が低くなりすぎない様、フライパンの上に手をかざして熱気を感じる位の温度になるまでフライパンの温度を調整します。
3-2.フライパンにサラダ 油少々を引き、豚肉のタレを拭ってからフライパンで焼きます。

※漬け汁を着けたまま焼くと生姜煮になってしまいベトベトになるので注意!

3-3.焼き目が付くまで焼きます。(焼き目が付きすぎる程度までが良い)

焼く時、動かし過ぎると下からの熱が逃げてしまうので注意!

4.ボウルに残ったつけダレをかける。

肉が固すぎない様にする為、火をかけ過ぎす、手早くからませます。

5.お皿に大葉、みょうがを絡めたキャベツ千切りを盛り、豚しょうが焼きをのせて出来上がり!

スポンサードリンク

洋の「SUGALABO」須賀洋介さんの焼肉のタレが隠し味の「カレー」レシピ

カレーのコクを出す為に焼肉のタレを使うのは定番ですね♪

その理由は、焼肉のタレには、リンゴ・黒蜜・ニンニクなどカレーのコクとなる成分がたっぷりと凝縮されているからなのです。

須賀洋介さんの焼肉のタレを使うレシピを紹介します♪

材料 4人前

合いびき肉材料
合いびき肉 300g
砂糖小さじ 1
バター 15g
濃い目の紅茶(ティーバッグ2個)300ml

カレールー材料
サラダ油 大さじ2
たまねぎ 300g
人参 100g
セロリ 40g
生姜 20g
ニンニク 10g
ケッチャップ 大さじ1.5
カレールー 100g
チキンブイヨン 800ml
焼肉のタレ 大さじ2

作り方
①合い挽き肉作り
①-1.合いびき肉に砂糖をまぶし、揉み込みます。
※旨味成分を引き出します。
①-2.フライパンにバターをひき、肉を炒めます
①-3.赤ワインの代わりに紅茶を入れます。
※紅茶にはワインと同じいタンニンがあり、味の深みを増す効果が有ります。
①-4.汁気がなくなるまで煮詰めます。

②ルー作り
②-1.玉ねぎ、人参、セロリ、生姜、ニンニクにケチャップを加え下味をつけます。
②-2.カレールー、チキンブイヨンを加えます。
②-3.焼肉のタレ大さじ2をくわえます。
②-4.紅茶で煮た合いびき肉を入れて召し上がれ♪

日テレ「得する人損する人」で家事えもんさんが焼肉のタレとコーヒーミルクでカレーのコクを倍増させる掛け算レシピを紹介していたのでシェアしますね♪

焼き肉のタレとコーヒーミルクでカレーのコクを倍増させる掛け算レシピ

材料
・焼肉のたれ:大さじ3
・水:600ml
・鶏肉:150g
・コーヒーミルク:1個
・市販のカレールー:水分量に対して適量
・その他お好みの具材
作り方
1.鶏皮の油を抽出
1-1.鶏皮の脂には旨味と脂質がタップリ含まれるので、鶏肉から皮を取り、鍋で炒めます。
1-2.皮から鶏の油が出てきたら、皮を取り出します。

2. 鶏皮の油で鶏肉を炒め、焼肉のテレで絡めます。

3.鶏肉に火が通ったら水を加え、沸騰したらルーやお好みの具材を入れて煮込みます。

4.さらにコクを出す為、コーヒーミルクをカレーにかけて召し上がれ♪
 

コーヒーミルクに含まれる植物油脂がカレールーと混ざる事により、まろやかさがアップします♪

まとめ

「賛否両論」笠井将弘さん美味しい生姜焼きポイントまとめ
◯◯しすぎないのがコツ

1.肉が固くならないコツはタレに漬け込み過ぎない(5分以内にする)
2.フライパンの温度は低くし過ぎない(フライパンの上に手をかざして熱気を感じる位の熱さが良い)
3.お肉を動かし過ぎない(焼き目が付くまで動かさない、動かすと下からの熱が逃げてしまう)
4.火をかけ過ぎない

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



楽天