ケンミンショー 広島県 手羽先の駄菓子ブロイラー/とり皮 尾道 オオニシ 2月23日 通販/お取り寄せ 東京 店

スポンサーリンク

秘密のケンミンショー(2017年2月23日)は、 全国激うま鶏グルメ10連発&広島駄菓子屋の鶏グルメ、ガーリック風味の若鶏の手羽「ブロイラー」(株)オオニシが三度の登場!?

広島県尾道市の駄菓子屋は勿論、居酒屋、ドン・キホーテなどでも購入出来る、若鶏の手羽「ブロイラー」は一度食べると病み付きになる駄菓子です♪

初めてケンミンショーで紹介された時(2012年5月17日)は、放送翌日店頭から「ブロイラー」が消えてしまう程の人気となりました。

その理由は、放送をて懐かしさのあまり大人買いをしてしまう大人が続出してしまったからだそうです。

もう一度「ブロイラー」をおさらいしてみましょう。

スポンサーリンク

広島の名物お菓子ブロイラーとは?

広島と言っても、販売しているのは尾道市の海産珍味、お酒のおつまみなどの製造メーカー(株)オオニシの販売する駄菓子で、広島県全体で人気と言うわけではありません。

(株)オオニシの名前は知らなくても「イカ天瀬戸内れもん味」という珍味が全国のコンビニやスーパー、LCCの機内食などで販売されているので、食べたことはなくて見たことはある方は多いと思います。

その(株)オオニシの人気商品広島県尾道市の小学生の好物の鶏の手羽先、その名も「ブロイラー」!

小ぶりの手羽先で値段は駄菓子としては税込み108円と高価ですが、昭和50年代から尾道市の駄菓子屋に並ぶ人気商品で子供よりもお父さんお母さんが懐かしがるおやつです。

時は経ち、子供の頃「ブロイラー」を食べた子供達は成長し、今では広島市内の居酒屋で提供される「ブロイラー」を懐かしがって注文します。

ケンミンSHOWで紹介されてからは長らく「ブロイラー」を食べていなかった大きな子供達が懐かしがり大人買いした為、店頭から「ブロイラー」が消えてしまう現象が巻き起こった程、長年尾道市民に愛された駄菓子です!

通販でお取り寄せ可能!

若鶏の手羽「ブロイラー」は楽天市場などの通販サイトで気軽にお取り寄せが可能です!

食レポ「ブロイラー」を食べてみた

東京・銀座に有る広島県のアンテナショップTAUたうで買って食べました。

初めて見た時はどす黒い色で味が濃そうな印象でした。

駄菓子で保存期間を長くするためか、脂っぽさとか水分は感じません。

薫製に近い感じです。

表面はパリパリですが、一口食べてお肉とご対面ですが、お肉は固くなってなく柔らかいながらも噛みごたえある食感です。

味は甘じょっぱい感じです。

辛くないのは子供向けの駄菓子だからでしょうか?

脂っぽさが無いと最初に書きましたが、持った感じ手がちょっとだけねとねとするので気をつけてくださいね!

とり皮

「若鶏の手羽ブロイラー」だけがクローズアップされていますが、実はオオニシには鶏を使った人気駄菓子がもう一つあります

その名はズバリ!「とり皮」!

もっとひねりなさい!(笑)

その名の通り鶏皮をニンニク風味で味付けにした唐揚げスナックって言えば良いのでしょうか?

実はLCC春秋航空成田広島)の機内販売広島名物のお菓子として販売されており、管理人のもりもりは、広島に旅行に入った際、機内販売でも買って食べました。

食べた乾燥としては、カリカリに近いパリパリ感が堪らないです。

お酒が好きな方はビールとか日本酒で頂くのも合うはずです♪

1年位前なので今も売っているかどうかは分かりませんが、その時は「ブロイラー」も販売されていたと思うのですが、「とり皮」の印象が強かった為か記憶が定かではありません。

オオニシ ブロイラーは、東京でも買えるんです!

東京・銀座には各県のアンテナショップが点在し、広島県のアンテナショップも有ります。

お店の名前はTAUたう)で「たう」は広島弁で手が届くの意味です。

管理人のもりもりは「ブロイラー」を、広島県のアンテナショップTAUで買いましたが、大量に在庫が有りましたよ♪

青空レストランで話題になった「海人の藻塩(あまびとのもしお)」もカープバージョンや抹茶などのバージョンも有り色々と迷った挙句、抹茶と梅のバージョンを買いました。

まとめ

最後に東京以外で「ブロイラー」「とり皮」を購入する方法をまとめます。

楽天でお取り寄せ
一番確実なのは、通販を利用しお取り寄せです。

広島経路のLCC春秋航空の機内販売を利用する。
※コチラは「とり皮」と「イカ天瀬戸内れもん味」の販売です。

広島県のアンテナショップで購入です!

1Fの入って左の奥、レジの手前で販売しています。

東京・銀座には各県のアンテナショップTAU(たう)の場所や営業時間などのお店の情報を紹介します。

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク