トレンドたまご(WBSとは無関係)

テレビ番組からトレンドを探るサイトです

ビタミンちくわ!ケンミンショー 海なし長野県の魚介グルメのレシピ! 9月14日

time 2017/09/14

ビタミンちくわ!ケンミンショー 海なし長野県の魚介グルメのレシピ! 9月14日
Pocket

秘密のケンミンSHOW(2017年9月14日)は、海無し県民大集合スペシャル第2弾!
海無し長野県のケンミンの熱愛三大謎の魚介グルメ
・ビタミンちくわ
・塩イカ
・サバ缶
とは?

スポンサードリンク

ビタミンちくわ・・・実は石川県産?

長野ケンミン熱愛三大謎の魚介グルメのひとつ「ビタミンちくわ」は60年もの間、愛され続けているアブラザメのすり身の竹輪です。

販売しているのは「株式会社スギヨ」で、所在地は・・・石川県七尾市?

長野県民のケンミン食が石川県産?

なぜ?

それは、「ビタミンちくわ」の発祥と時代が関係しています。

「ビタミンちくわ」の発祥

「ビタミンちくわ」を販売している「株式会社スギヨ」は、鮮魚問屋として寛永時代から商いを始めており、大正時代の杉與商店として、アブラザメを原料とした竹輪を販売していました。

その頃、交通のベンは悪く、特に海が無い長野県では、新鮮な魚介類は貴重品でした。

そこに目をつけたのが初代杉野作太郎氏が、海のない長野県で売れば必ず売れると直感しました。

能登のブリが富山県~長野県のブリ街道を通り、長野県へ送られていた事をヒントに、保存が効くように竹輪の穴に食塩を詰めて地元の七尾港から新潟県直江津港を経て長野県へ馬車発送したところ、海のない長野県では、貴重なタンパク源と食塩がセットになった商品として飛ぶように売れました。

竹輪が食べられるだけでなく、竹輪の穴に詰められた塩も使えるというメリットも有りました。

これにより「ちくわ=杉與」の公式が長野ケンミンに定着しました。

※この当時はロゴに使われたヤマスからヤマスの竹輪として親しまれました。

更に第二次世界大戦が終了すると国民全体が栄養不足に晒されており、昭和27年(1952年)ビタミンA、ビタミンDを豊富に含むアブラザメの肝油を配合し擦り込み、栄養価と風味を高めた「ビタミンちくわ」を販売すると、今まで以上に大ヒット商品となり、長野県民にとって欠かせない食品に成長しました。

また、サメの油が練りまれている為、お肌にとても良いとも云われています。

「ビタミンちくわ」は、北陸、新潟、長野県が主な販売先です。

スポンサードリンク

マスコットキャラ ビタちくワン

スーパーの練り物売り場は・・・

食べ方・レシピ

「ビタミンちくわ」は、大ぶりで普通の竹輪よりふかふか感が有ります。

ビタミンちくわから「だし」が出る為、煮物や炒め物、お味噌汁の具として今でも親しまれています。

「ビタミンちくわ」は、2009年1月1日の「新年大カミングアウトで今年もよろしくSP!」で、長野県民の大好物「ビタミンちくわ」の入った醤油仕立てのすまし汁が紹介されました。

また、てんぷらにすると一層味わい深くなります。

長野の人はコレの購入単位がおかしいフシがある。#ビタチク #ビタミンちくわ

Yoshitaka Shikanoさん(@sorauminet)がシェアした投稿 –

「ビタミンちくわ」のバリエーションで「ビタミンちくわパン」も紹介されました。

#ビタミンちくわ って #全国区 じゃないのね💦 . #ちくわパン は #初めて見た 😳 . #長野 にて

Miyuki Takizawaさん(@miyuki_999)がシェアした投稿 –

お酒のおつまみに、御飯やお弁当のおかずに、3時のおやつに…
元祖スギヨの「ビタミンちくわ」は、いつでもどこでも、どんな食材とも相性の良い「万能選手」なのです。

カレー

まとめ

サバ水煮缶のみそ汁はコチラに投稿しました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

塩イカはコチラに投稿しました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



楽天