トレンドたまご(WBSとは無関係)

テレビ番組からトレンドを探るサイトです

アンビリバボー 富士銀行行員による顧客の埼玉・老夫婦マッサージ師殺人事件はバブルの悲劇!9月14日

time 2017/09/13

アンビリバボー 富士銀行行員による顧客の埼玉・老夫婦マッサージ師殺人事件はバブルの悲劇!9月14日
Pocket

奇跡体験!アンビリバボー(2017年9月14日放送)は、1998年7月4日埼玉県宮代町のマッサージ師小島貞夫さん(仮名)さん老夫婦が遺体で発見され、大手都市銀行富士銀行に勤めていた男・小林功(仮名)が犯行を自供、逮捕されました。
犯行の理由は小島さんの定期預金を着服し、貸し渋りにあった運送会社に裏で貸し出す「浮貸し」が発覚しそうになったからというバブルが崩壊が招いた殺人事件が紹介されます。

スポンサードリンク

富士銀行行員顧客殺人事件

1998年(平成10)7月4日埼玉県宮代町でマッサージ業を営む老人小島貞夫さん(仮名・当時74歳)が自宅1階の居間で、その妻・小島ミカさん(仮名・当時67歳)が隣のリビングで、絞殺死体となって発見される事件が発生しました。

その事件から4日後、富士銀行(現在の「みずほ銀行」)春日部支店に勤務する小林功(仮名・31)が逮捕されました。

自供により判明した動機

時代はバブル崩壊し、銀行では貸し渋りが横行していました。

小林功容疑者は、融資を受けられないで困っている運送業者と貸し渋る銀行の審査部との板挟みに悩んでいました。

そこで、小林功容疑者は、顧客の小島さんの定期預金口座に目をつけました。

小島さんは、埼玉在住ですが、以前は東京都台東区で小さな古道具店を営んでおり、住んでいた土地がバブル景気で1億円で売れ、5000万円を老後の為の貯金に回し、埼玉に引っ越しマッサージ業を始め、余裕がある事から老いた自分の体調を考え客数を調整しながらマッサージ業を、奥さんは裁縫の仕事をしていました。

小島さんの長女と長男は独立して事件の数年前から二人暮らしが続いていました。

1998年(平成10)1月、岡藤容疑者は、特別な定期預金があると偽り、通帳と印鑑を預かり、小島夫妻の定期預金を解約し、預金総額5700万円の中から1500万円を引き出し、建設業者・運送業者など2社に融資しました。

この融資は銀行を通さない「浮き貸し」と呼ばれる行為で、出資法で禁じられている融資でした!

しかも融資は焦げ付き2500万円の債務を負う羽目に!

それに加え、小林功容疑者は、近々本店への栄転が決まっていたこともあって、銀行側に発覚することを恐れ、犯行を思い立ちました!

スポンサードリンク

犯行

小林功容疑者が犯行に及んだのは事件が発覚した2日前の7月2日の午前11時30分頃で、定期預金返済の約束で小島さん宅を訪れました。

先ず奥さんに「親孝行のつもりで肩を揉ませてもらえませんか」と背後に立ち紐で首をしめ絶命さしました。

隣の部屋の主人は実は全盲の障害を持っており、事態を把握しておらず、小林功容疑者が近づき首を絞め絶命させせました。

奥さんも体に障害を持っており、老夫婦の生活を把握している小林功容疑者の非情な計画的犯行でした・・・。

証拠隠滅のためにガスの元栓を開いて、仏壇の蝋燭に火をつけて放火を図るも、ガス栓の安全装置が働き証拠隠滅は失敗しました。

そして小島さん宅にあった、返済の意思を裏書きして渡した小林功容疑者の名刺1枚を奪って立ち去りました。

生い立ちと動機

生い立ちは、福岡で3人兄弟の長男として生まれ、父親は中卒ながらトラックの運転手をして小林功を大学まで通わせました。

進学校の県立筑紫高校でラグビー部に所属し、高校2年で県大会で優勝を経験し、大学は、ラグビー枠で福岡大学に進学し、3年からレギューラーになりました。

同級生からは評判が良く、不器用ながらも仲間思いの人情家と信頼されていました。

そして富士銀行へもラグビーが縁で入社しました。

小林功容疑者は、公判で犯行理由は「大学を出てラクビーで活躍した自分の事を、両親が誇りに思っており、裏切りたくなかったから」と自供しました。

小林功容疑者に下された判決は、残虐非道な犯行だが、富士銀行側が遺族に被害額の5000万以上の賠償金を支払う調停が成立した事が加味され、無期懲役刑が確定しました。

まとめ

—– 富士銀行行員顧客殺人事件のまとめ —–
・ 被害者の老夫婦はバブル景気で東京の土地が1億円で売れ老後の蓄えの為約5000万円を貯金し埼玉に引っ越した・ 富士銀行に務める岡藤容疑者は貸し渋りに合う業者と審査部との板挟みに苦しんでいた

・ 被害者夫婦の預金に目をつけ新商品の定期預金が入るからと騙し通帳と印鑑を預かり勝ってに解約した

・ 解約した老夫婦の預金を使い違法な「浮き貸し」で業者に融資した

・ 融資したお金は焦げ付き、逆に2500万円の夫妻を負った

・ 本店に栄転が決まり事件の発覚を恐れた容疑者は老夫婦を消し精算を行おうとした

・ 小林功容疑者に下された判決は、無期懲役刑

バブルによって安泰な老後を手にした筈の老夫婦が、その後のバブル崩壊による貸し渋りが原因の事件に巻き込まれ命を落とす羽目になってしまったとは皮肉な事です・・・。

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



楽天