トレンドたまご(WBSとは無関係)

テレビ番組からトレンドを探るサイトです

アンビリバボー マイナス4℃で凍死したジャスティン・スミスがコールマン医師の決断と最新の医療ECMOで生き返った奇跡!3月16日 動画 画像

time 2017/03/14

アンビリバボー マイナス4℃で凍死したジャスティン・スミスがコールマン医師の決断と最新の医療ECMOで生き返った奇跡!3月16日 動画 画像
Pocket

奇跡体験!アンビリバボー(2017年3月16日放送)は、”マイナス4℃の道端で凍死しかけたジャスティン・スミスを救急医ジェラルド・コールマン医師の決断と最新の医療が導いた奇跡”と、
”イギリスを舞台に起きた007の属する英国諜報機関Mi5のエージェント・ロバートは実は詐欺師で被害者サラと英国内を転々としたアンビリバボーな逃亡劇”の2つの実話に迫ります。

この投稿は、ジャスティン・スミスの奇跡の生還の紹介です。

スポンサードリンク

Mi5のエージェントは実は詐欺師で被害者と英国内を転々としたアンビリバボーな逃亡劇はコチラ!

ジャスティン・スミスが凍死?

熱心なゴルフ愛好家でスポーツを愛するジャスティン・スミス(当時・25歳)は生存の話の多くを覚えていません。

しかし彼の家族、友人、そしてコールマン医師はよく思えています。

彼らはまだジャスティン・スミスの事が報じられた新聞のニュース記事が死亡記事ではないことに驚いています。

ジャスティン・スミスが行方不明

2015年2月21日の午前、友達とバーに飲みに行ったっきり帰ってこない行方不明のジャスティン・スミスの捜索が行われていました。

ジャスティンの父親ドン・スミスは、トレスコウのトレッセコウロード近くに息子ジャスティンを既に凍った姿で発見しました。

ドン・スミスは、一人息子が絶命してしまったと信じていました。

ジャスティンは雪の積もる中、横たわっていて、青い目は瞳孔を開いておりが開いており、顔は紫色で、体は硬直していました

気温が摂氏-4度まで急落したため、彼は一晩中そこにいた可能性が高い。

彼は脈打ちがなく呼吸もしていなかった

彼は生きている兆候を示しませんでした

ドンはジャスティンを抱きしめて、「ジャスティン、逝くな!」と叫びましたが反応は有りませんでした。

そして、ドンは妻/シー・シシー・スミスに電話し「ジャスティンは逝ってしまった。」と告げました。

YouTube Preview Image

ジャスティン・スミスが何故そこに?

ジャスティンはトレスコウの夜9時30分頃消防署を出て、コートも着ずに約9時間雪の中にいました。

消防署を出て、2マイル離れた散歩道で瞬間的に失神してしまったのでした。

ジャスティンは、10年前、自分が自動車事故で奇跡的に助かった代わりに亡くなった親友を思い出しながら、彼の仲間とビールを飲んでいました。

ジャスティンは2005年に致命的な自動車事故が発生した場所に向かったのでしょうか?

救急隊が到着

ジャスティンの蘇生の為、アメリカ・ペンシルベニア州ヘーズルトンリーハイバレー病院(Lehigh Valley Hospital,LVH)からヘーズルトン救急部の隊員が到着しました。

救急医療医のジェラルドコールマン博士は、ヘーズルトン救急部と呼ばれる現場の救急医でリーハイバレー病院の指導をしていました。

ドンは自分にコールマン医師が蘇生の努力が無駄であると告げると思っていました

それはジャスティンに幸運が訪れた瞬間でした。

コールマン博士は最初に対応に当たった医師でCPR心肺蘇生法/しんぱいそせいほう、CardioPulmonary Resuscitation)を開始し、ジャスティンを病院に追い込むよう命じました

暖かくなるまでは君を死なせないぞ!」とコールマンはつぶやきました。

心肺蘇生

ヘーズルトンの緊急治療室ER)では、コールマンはジャスティンを、寒さの為、体温を得ることが出来ていないと診断しました。

ERRの15人の同僚は、2時間のCPRを行い、緊急時の生活支援を行い、ゆっくり体温を温め、救命措置を尽くしています

その後ジャスティンは、ドクターヘリによる18分の飛行で、アレンタウン近くのリーハイバレー病院シーダークレストへ運ばれました。

ドン・スミスは息子に涙を流して「愛している」と語りかけました。

飛行看護師のティム・ヒッキーは、この飛行を回想します。

「この状況の人は生き残れません。
フライト中ずっと、彼と救命士のマーク・ホップウッドは毎分100回の胸部圧迫を行い、次に換気を行いジャスティンの脳に血液が流れるようにしました。」

それでも彼らはジャスティンの蘇生の兆しを見ることはありませんでした

ドクターヘリがリーハイバレー・シダークレストに着陸した直後に、心臓胸部外科医ジェームズウー医学博士(James Wu MD)はジャスティンの身体、血を温め酸素を補給する機械を接続しました

ECMO(エクモ)/Extracorporeal membrane oxygenation(体外膜酸素添加/体外膜酸化/体外式膜型人工肺、体外膜型肺)と呼ばれるこの技術は、人工肺とポンプを用いた体外循環回路による治療で、インフルエンザや心臓発作によって肺や心臓が傷ついた患者を救うための最後の手段として通常使用されています。

YouTube Preview Image

動画:1分31秒辺り

蘇生率50%

ウー博士は、これがジャスティンの生存の唯一のチャンスであることを知っていましたが、彼は過度に楽観的ではありませんでした。

ジャスティンが回復っするのはフィフティフィフティの確率で、ジャスティンの家族に最悪の状況に備える様に助言しました。

しかし、90分後ジャスティンの体は暖かくなり直ぐに心臓も自分自身で鼓動を始めました!

神経科医のジョン・カステルド医師(John Castaldo)はジャスティンを診断し、脳活動の兆候がないことを発見しました。

ジャスティンは機械(生命維持装置)と薬で生きていて昏睡状態にあったのでした・・・。

機能的な生存の望みはほとんどありませんでした。」

とカステルド医師は語りました・・・。

しかし、数日後、脳のスキャン試験の試験結果がカステルド医師チームを驚かせました。

ジャスティンの脳が正常であることを示していたのです!

カステルド医師は「私たちは目の前に奇跡が広がっていると信じていました。」と嬉しそうに語りました。

それでも、カステルド医師チームはジャスティンがどれだけ回復するか疑問に思っていました。

カスダルドは毎日彼を監視していました。

ジャスティンの家族や友人はベッドの側で徹夜で看病を続け、

ジャスティンの身体は物理的に回復の兆しを見せ始めました。

脳機能の回復

1ヶ月経過したある日、カステルド医師はジャスティンの目に脳機能の兆候の変化について調べました。

ジャスティンの目は私の後を追っていたジャスティンの目は私の顔を追跡した!」

これは、ジャスティンの脳が回復していることを望むカステルド医師に与えられた希望でした。

ジャスティンの腎臓も肺も機能しておらず、爪や小指は寒さから切断されなければならなかったので、ケアが必要でした。

しかし、ゆっくりと彼の楽天的なな人格が再現され意識といくつかの記憶も戻って来ました

ジャスティンは回復の道を切り開いたのでした

ジャスティンは、彼の手を使ったり、正常と歩くためにリハビリに励みました。

スポンサードリンク

その後

回復の数ヶ月後、ジャスティンは大好きなゴルフも出来るようになり、大学に戻って心理学の学位を修了し、ジャスティンのような事故に遭った人を助けることを計画しています

まとめ

Mi5のエージェントは実は詐欺師で被害者と英国内を転々としたアンビリバボーな逃亡劇はコチラ!

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



楽天